成人T細胞白血病ATL闘病記 : 乗り越えることが運命ならば

屋形千秋 著

発症2年でほとんどが死亡するといわれるATL。その原因ウイルスHTLV‐1の国内感染者(キャリア)は120万人にのぼる。今医療技術の進歩もあり、長期生存者も現れはじめた。ここに、実際に発症から6年がたちながら元気に生活している一人の患者がいる。多くの患者、感染者にとって、この闘病記は、何よりの希望をもたらすに違いない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 私の家族
  • 第2章 成人T細胞白血病(ATL)について
  • 第3章 ATL闘病記-ブログ日記より
  • 第4章 退院から現在まで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 成人T細胞白血病ATL闘病記 : 乗り越えることが運命ならば
著作者等 屋形 千秋
書名ヨミ セイジン T サイボウ ハッケツビョウ ATL トウビョウキ : ノリコエル コト ガ ウンメイ ナラバ
書名別名 Seijin T saibo hakketsubyo ATL tobyoki
シリーズ名 ATLシリーズ 2
出版元 南方新社
刊行年月 2008.12
ページ数 184p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86124-151-2
NCID BA8943767X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21534463
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想