近世文学の境界 : 個我と表現の変容

揖斐高 著

漢文体の自伝や日記に綴られた苦悩、漢詩における私意表現の展開、文人たちの自我意識の発露など、さまざまな表現の中に立ち現れる人間の姿と創作意識のあり様を追究することで、近世における文学現象の厚みを描き続けてきた著者の積年の論考を集成する。既成の枠組みに囚われない新たな近世文学像の提示。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 近世人の形象(林家の存立-林鵞峰の「一能子伝」をめぐって
  • 元政-多情多感の行方 ほか)
  • 2 "私"の表現(風雅の解体-私意と月並調の成立についての試論
  • 賀茂真淵の和歌添削-自筆本『賀茂真淵評草廬和歌集』を通して ほか)
  • 3 文雅と日常(江戸文人の武蔵野-原野から郊外へ
  • 近世の文人サロン ほか)
  • 4 近世と近代の重層(幕末の欧米見聞詩集-『航米雑詩』と『環海詩誌』
  • 明治漢誌の出発-森春涛試論 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世文学の境界 : 個我と表現の変容
著作者等 揖斐 高
書名ヨミ キンセイ ブンガク ノ キョウカイ : コガ ト ヒョウゲン ノ ヘンヨウ
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.2
ページ数 510p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-022568-7
NCID BA89401311
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21568194
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想