政権交代論

山口二郎 著

自民党政治は閉塞を極め、緊急を要する課題に対応できなくなっている。その打開の道は、政権交代しかない。そもそも民主政治にとって政権交代とはどんな意味があるのか。なぜ日本ではほとんど起きなかったのか。そして、民主党は政権を担えるのか。アメリカやイギリスの事例を考察しながら、有意義な政権交代の条件を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 自民党政治の終焉
  • なぜ政権交代が必要か
  • アメリカの政権交代
  • イギリスの政権交代
  • 政権交代で何を変えるのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 政権交代論
著作者等 山口 二郎
書名ヨミ セイケン コウタイ ロン
シリーズ名 岩波新書 新赤版1178
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.3
ページ数 240p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431178-2
NCID BA89389872
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21579018
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想