汚穢(けがれ)と禁忌

メアリ・ダグラス 著 ; 塚本利明 訳

多くの文化の祭式において、本来拒否されるべき不浄なるものが聖なる目的のために使われるのはなぜだろうか。フレーザーからサルトル、エリアーデにいたるまで多くの人類学的成果を吟味しながら、穢れを通して浮かび上がる、秩序と無秩序、生と死、形式と混沌の関係に鋭く迫る。穢れとは、秩序創出の副産物であると同時に、既存の秩序を脅かす崩壊の象徴、そして始まりと成長の象徴であり、さらに穢れと水はその再生作用において同一をなすものであると位置づける。1966年の刊行以来、世界中に大きな衝撃を与えた名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 祭祀における不浄
  • 第2章 世俗における汚穢
  • 第3章 レビ記における「汚らわしいもの」
  • 第4章 呪術と奇蹟
  • 第5章 未開人の世界
  • 第6章 能力と危険
  • 第7章 体系の外縁における境界
  • 第8章 体系の内部における境界
  • 第9章 体系内における矛盾
  • 第10章 体系の崩壊と再生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 汚穢(けがれ)と禁忌
著作者等 Douglas, Mary
Douglas, Mary Tew
塚本 利明
ダグラス メアリ
書名ヨミ ケガレ ト キンキ
書名別名 汚穢と禁忌

Purity and danger
シリーズ名 ちくま学芸文庫 タ28-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.3
ページ数 431, 7p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09186-4
NCID BA89387877
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21576575
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想