アメリカ大統領の信仰と政治

栗林輝夫 著

アメリカ歴代大統領のうち、時代を異にする著名な10人を取り上げ、それぞれの信仰歴、生まれ育った宗教環境、教会の所属などを紹介。そして、その信仰が大統領時代の政治と政策に与えた影響について考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ジョージ・ワシントンと神の国アメリカの誕生
  • 第2章 トマス・ジェファソンは信仰の敵?
  • 第3章 「苦悩の神学者」エイブラハム・リンカン
  • 第4章 ドワイト・アイゼンハワーは「大統領にして兵卒」
  • 第5章 カトリックの希望の星、ジョン・F.ケネディ
  • 第6章 南部福音派ジミー・カーターの誠実な躓き
  • 第7章 ロナルド・レーガンの「悪の帝国」との戦い
  • 第8章 不倫騒動とビル・クリントンの悪人正機
  • 第9章 ジョージ・W.ブッシュの「イラク戦争は神の声」
  • 第10章 バラク・オバマは国民統合の信仰をめざす

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ大統領の信仰と政治
著作者等 栗林 輝夫
書名ヨミ アメリカ ダイトウリョウ ノ シンコウ ト セイジ : ワシントン カラ オバマ マデ
書名別名 ワシントンからオバマまで

Amerika daitoryo no shinko to seiji
出版元 キリスト新聞社
刊行年月 2009.2
ページ数 307p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87395-537-7
NCID BA89385758
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21563129
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想