分子レベルで見た薬の働き : 生命科学が解き明かす薬のメカニズム

平山令明 著

インフルエンザ・ウイルスやHIVウイルスは、どのようにして、病気を引き起こすのか。がんや生活習慣病、免疫反応や炎症反応はどのような生体分子がかかわっているのか。薬はそれらの病気をどのように治すのだろうか。最新の知見と新たな病気の解説を加えて、全編改訂した第2版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 薬はどのように効くか
  • 第2章 魔法の弾丸を求めて
  • 第3章 がんとの闘い
  • 第4章 見えない敵
  • 第5章 生活習慣病の治療
  • 第6章 免疫反応と炎症反応
  • 第7章 人類の未来と薬

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分子レベルで見た薬の働き : 生命科学が解き明かす薬のメカニズム
著作者等 平山 令明
書名ヨミ ブンシ レベル デ ミタ クスリ ノ ハタラキ : セイメイ カガク ガ トキアカス クスリ ノ メカニズム
シリーズ名 ブルーバックス B-1631
出版元 講談社
刊行年月 2009.3
版表示 第2版.
ページ数 300p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257631-4
NCID BA89382352
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21578384
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想