視覚世界はなぜ安定して見えるのか : 眼球運動と神経信号をめぐる研究

本田仁視 著

[目次]

  • 第1章 相殺説と眼球位置信号(視覚世界の安定性
  • 相殺説 ほか)
  • 第2章 眼球位置信号をめぐる古典的研究(眼筋の麻酔実験
  • 眼球の受動的回転と運動感覚 ほか)
  • 第3章 眼球位置信号の神経学的基盤(眼窩内の固有受容感覚に関する見解
  • 眼筋の伸張による脳細胞の反応 ほか)
  • 第4章 眼球位置信号と視覚(サッカード時の位置判断の誤り
  • 完全暗中での実験 ほか)
  • 第5章 視覚世界の安定性を維持する心理学的しくみ(サッカード抑制
  • サッカード前後の視覚統合 ほか)
  • 第6章 まとめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 視覚世界はなぜ安定して見えるのか : 眼球運動と神経信号をめぐる研究
著作者等 本田 仁視
書名ヨミ シカク セカイ ワ ナゼ アンテイシテ ミエルノカ : ガンキュウ ウンドウ ト シンケイ シンゴウ オ メグル ケンキュウ
書名別名 Shikaku sekai wa naze anteishite mierunoka
シリーズ名 新潟大学人文学部研究叢書 4
出版元 知泉書館
刊行年月 2009.2
ページ数 135, 17p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86285-052-2
NCID BA89376531
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21561146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想