イギリス保守主義の政治経済学 : バークとマルサス

中澤信彦 著

政治経済学という新しい学を生み出した啓蒙の18世紀イギリスは、単なる保守反動とは区別される近代思想としての保守主義政治哲学をも生み出した。本書はイギリス保守主義の脊梁をなすバーク政治思想とマルサス経済思想の成立をスミス『国富論』の衝撃を媒介として明らかにするとともに、イギリス保守主義が本来的に「啓蒙の一ヴァリアント」であったことを説得的に主張する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 イギリスにおけるフランス革命("イギリスにおけるフランス革命"論争を概観する)
  • 第2部 バーク研究(バークの経済思想-『穀物不足に関する思索と詳論』の分析
  • 初期バークの文明社会認識-バーク保守主義の原風景
  • バークにと「純潔の徳」時間認識-ペインとの対比 ほか)
  • 第3部 マルサス研究(マルサスの政治思想-フォックス派ウィッグとしてのマルサス?
  • マルサスのスミス受容(一)-『人口論』初版を中心に
  • マルサスのスミス受容(二)-『食糧高価論』から『政治経済学原理』へ)
  • 第4部 バークとマルサス(慎慮の政治経済学-「エコノミストの時代」と「純潔の徳」
  • 階層秩序と経済循環-「存在の連鎖」の世界像の受容と変容)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリス保守主義の政治経済学 : バークとマルサス
著作者等 中澤 信彦
書名ヨミ イギリス ホシュ シュギ ノ セイジ ケイザイガク : バーク ト マルサス
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2009.2
ページ数 256, 95, 7p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05321-6
NCID BA89271227
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21561147
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想