遊牧国家の誕生

林俊雄 著

騎馬遊牧民というと、文明の破壊者、野蛮な殺戮者というイメージをもっている人が多いようだ。しかしヘロドトスや司馬遷は、彼らを正当に評価していた。ユーラシアの草原地帯で、彼らは簡素だが合理的な社会生活をいとなみ、先進文明地帯であるメソポタミアや中国とも互角にわたり合える軍事力を具えていた。また彼らはシルクロードを支配して、東西文化の交流にも大きな役割を果たした。騎馬遊牧民がどのようにして生まれ、国家を築くようになっていったかを、文献史料と最新の考古学資料から探ってゆくことにしよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ユーラシア草原地帯とは
  • 1 騎馬遊牧民の誕生
  • 2 スキタイの起源
  • 3 草原に花開いたスキタイ美術
  • 4 遊牧国家、匈奴の勃興
  • 5 匈奴の隆盛から衰退へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遊牧国家の誕生
著作者等 林 俊雄
書名ヨミ ユウボク コッカ ノ タンジョウ
書名別名 Yuboku kokka no tanjo
シリーズ名 世界史リブレット 98
出版元 山川出版社
刊行年月 2009.2
ページ数 90p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-34936-0
NCID BA89260242
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21561936
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想