シルヴィアの量子力学

シルヴィア・アローヨ・カメホ 著 ; 小谷正博 訳

ドイツの女子高生シルヴィアが書いた、ワクワクドキドキする量子の世界への入門書。シュレーディンガーの猫、多世界解釈、量子コンピュータ、量子重力-驚きに満ちみちた量子の世界に魅せられたシルヴィアは、量子物理学をまったく独学で学び、純粋な喜びの表現としてこの本を書きました。彼女の案内で、量子力学のとんでもない不思議な世界に遊んでみてください。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 光と物質
  • プランクの作用量子の由来
  • 光電効果
  • 二重スリットの実験
  • 電子で二重スリットの実験
  • コンプトン効果
  • ハイゼンベルクの不確定性関係
  • 波動関数の収縮
  • ボーアとアインシュタインの論争
  • ボーアの原子モデル
  • シュレーディンガー方程式
  • シュレーディンガーの猫
  • 量子力学の表現形式の解釈
  • EPRのパラドックス
  • ベルの方程式
  • 量子物理学の現代的な応用
  • 量子重力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シルヴィアの量子力学
著作者等 Arroyo Camejo, Silvia
小谷 正博
Camejo Silvia Arroyo
カメホ シルヴィア・アローヨ
書名ヨミ シルヴィア ノ リョウシ リキガク
書名別名 Skurrile Quantenwelt
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.2
ページ数 228p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-005464-5
NCID BA89256245
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21566792
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想