日中関係史の諸問題

斎藤道彦 編著

2005年、中央大学に日中関係発展研究センターが設立された。それとの連携の下で、中央大学政策文化総合研究所に3年間の研究計画でプロジェクト「近現代日中関係史」が設置された。本書は、その研究成果の取りまとめである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 歴史認識と現実認識-近現代日中関係史論史の問題点
  • 第1章 清末日中関係の原型-李鴻章による日本人技師招聘過程の考察
  • 第2章 日本に留学した中国知識人-周作人と民俗学:性の問題を中心に
  • 第3章 敵か?友か?-日本人が見た蒋介石の新生活運動
  • 第4章 中国抗戦の展開と宣戦問題
  • 第5章 占領下日本人の中国観1945‐1949
  • 第6章 戦後国民政府による日本人技術者「留用」の一考察-中国側文書に依拠して

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日中関係史の諸問題
著作者等 斎藤 道彦
書名ヨミ ニッチュウ カンケイシ ノ ショモンダイ
シリーズ名 中央大学政策文化総合研究所研究叢書 8
出版元 中央大学出版部
刊行年月 2009.2
ページ数 256p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8057-1407-2
NCID BA89211360
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21550966
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想