EU通貨統合とマクロ経済政策

高屋定美 著

本書は、いまなお躍動する政体EUを、経済学、特に金融・財政政策の側面から論じる。ユーロ圏をEMU(経済通貨同盟)の枠組みから俯瞰的に見渡し、欧州中央銀行ならびにEU各国政府による金融・財政の面からのマクロ経済政策を理論的および実証的に分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 経済通貨同盟の政治経済学(経済通貨同盟と欧州化
  • 経済通貨同盟の政治経済的基盤)
  • 第2部 EUでのマクロ経済運営(欧州中央銀行制度の独立性と金融政策
  • ユーロ導入後の欧州中央銀行による金融政策の評価
  • 欧州中央銀行の金融政策と各国による財政政策との調和 ほか)
  • 第3部 経済通貨同盟での残された課題(経済通貨同盟における労働市場改革と財政制約
  • ユーロ圏内での各国物価の乖離要因-ダイナミックOLSを用いた実証研究)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 EU通貨統合とマクロ経済政策
著作者等 高屋 定美
書名ヨミ EU ツウカ トウゴウ ト マクロ ケイザイ セイサク
書名別名 EU tsuka togo to makuro keizai seisaku
シリーズ名 Minerva現代経済学叢書 102
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2009.2
ページ数 205p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05230-1
NCID BA89180711
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21552666
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想