演劇の一場面 : 私の想像遍歴

小島信夫 著

自作戯曲の演出にも手をそめた著者が「オイディプス王」、説教「をぐり」、「ハムレット」からカントールに至る古今東西の演劇を逍遙しながら、"軌道から外れ、軌道に復したときには予想しなかったものをまとってくる"演劇の諸相を軽やかに考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イプセンとチェホフ
  • オニール、ミラー、ウィリアムズ
  • カフカ、ドストエフスキー、『リア王』
  • アリョーシン『恋愛論』
  • 横浜ボート・シアター『小栗判官・照手姫』
  • カントール『死の教室』
  • 小栗判官伝説と「浅茅が宿」
  • 蜷川幸雄演出『オイディプス王』
  • ヴィゴツキーの『ハムレット』論
  • パロディとしての『ハムレット』
  • 『ペリクリーズ』
  • 『ハムレット』(1)
  • 『ハムレット』2)
  • 『ハムレット』(3)
  • 『ハムレット』(4)
  • 『ハムレット』(5)
  • 『ハムレット』(6)
  • 『ハムレット』(7)
  • 『ハムレット』(8)
  • 『ハムレット』(9)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 演劇の一場面 : 私の想像遍歴
著作者等 小島 信夫
書名ヨミ エンゲキ ノ イチバメン : ワタクシ ノ ソウゾウ ヘンレキ
書名別名 Engeki no ichibamen
シリーズ名 水声文庫
出版元 水声社
刊行年月 2009.2
ページ数 195p
大きさ 20cm
付随資料 4p.
ISBN 978-4-89176-710-5
NCID BA89137144
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21550123
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想