学力と新自由主義 : 「自己責任」から「共に生きる」学力へ

佐貫浩 著

自己責任としての学力観に基づく「教育改革」に抗し、公共性にひらかれた新たな学力像を提起する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • いま、学力をどう議論すべきか-「自己責任」としての学力観の克服を
  • 1 「生きる力」とコミュニケーション(教育改革をめぐる対抗の構図
  • 新学習指導要領の学力観
  • 教育実践としてのコミュニケーションの創造
  • コミュニケーションと道徳性-エンパワーメントとしての道徳性を構想する)
  • 2 「学力」とは何か(「学力」把握のためのモデル
  • 基礎学力と基礎知識-意識化の道具として捉え直す
  • 習熟-知識を生きる力へと組み替えるプロセス
  • 学習意欲-競争の意欲から参加・共同の意欲へ)
  • 3 「共に生きる力」に向けて(「意識化」と教師の役割
  • 「思想化」と公共性
  • 学力像の転換と学校の再生-大阪・私立千代田高校の実践から)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学力と新自由主義 : 「自己責任」から「共に生きる」学力へ
著作者等 佐貫 浩
書名ヨミ ガクリョク ト シン ジユウ シュギ : ジコ セキニン カラ トモニ イキル ガクリョク エ
出版元 大月書店
刊行年月 2009.2
ページ数 268p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-272-41200-6
NCID BA89121869
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21555763
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想