ダンディズムの系譜 : 男が憧れた男たち

中野香織 著

顰蹙を買う反逆の徒が、なぜ「男の理想」となったのか?華麗な装い、大胆な立ち居振る舞い、事に臨む態度で、氏素性に関係なく周囲をひれ伏させる男がいた。「ナポレオン(英雄)になるよりも、ブランメル(ダンディの祖)になりたい」と詩人バイロンにいわしめた、絶対的な魅力の正体とは?時代ごとのカリスマ、理想の男たちのまばゆい系譜と「愛され力」を、気鋭のファッションジャーナリストが徹底解剖する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ダンディズム誕生前夜(ジェントルマン、その源流と残滓)
  • 第2部 ダンディズム列伝-その栄枯盛衰(ダンディズムは進化する
  • ダンディズムの祖にして絶対神、ボー・ブランメル
  • ブラックフォーマルを創造したダンディ、リットン卿
  • ハンディをダンディズムで押しのけた文人宰相、ディズレイリ ほか)
  • 第3部 現代のダンディズム像(ダンディズムの再定義
  • 二十一世紀のダンディ
  • 混迷する現代において、変わりゆく男性像
  • 日本におけるダンディズム)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ダンディズムの系譜 : 男が憧れた男たち
著作者等 中野 香織
書名ヨミ ダンディズム ノ ケイフ : オトコ ガ アコガレタ オトコタチ
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2009.2
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603630-9
NCID BA89116086
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21558370
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想