敵国人抑留 : 戦時下の外国民間人

小宮まゆみ 著

アジア・太平洋戦争の勃発とともに、日本国内にいた外国籍の民間人は、次々と全国各地の抑留所に収容された。抑留所で彼らはどのように暮らしたのか。不足していく食料、迫りくる空襲の危機。抑留所での実態に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦時下の敵国民間人抑留-プロローグ
  • 「敵国人」抑留開始
  • 戦争初期の抑留生活
  • 第一次交換船と抑留拡大
  • 秘匿された抑留者たち
  • 第二次交換船とさらなる抑留拡大
  • 悲惨な抑留末期の状況
  • 終戦と解放
  • それぞれの戦後-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 敵国人抑留 : 戦時下の外国民間人
著作者等 小宮 まゆみ
書名ヨミ テキコクジン ヨクリュウ : センジカ ノ ガイコク ミンカンジン
書名別名 Tekikokujin yokuryu
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 267
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2009.3
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05667-0
NCID BA89100279
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21557278
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想