東アジアにおける二段階キャッチアップ工業化 : 中国電子産業の発展

湯進 著

[目次]

  • 第1部 「二段階キャッチアップ工業化」-新パラダイムの提唱(後発国工業化の理論的フレームワーク
  • 産業集積、イノベーションと後発国のキャッチアップ工業化)
  • 第2部 東アジアにおける二段階キャッチアップ工業化(東アジア電子産業のキャッチアップ
  • 急成長する中国電子産業-第1次キャッチアップ
  • 企業の所有構造、人的資源管理、コア技術-第2次キャッチアップに向けての条件
  • 第2次キャッチアップの準備段階へ移行する中国電子産業-中国液晶産業の成長
  • 第2次キャッチアップに向けて-イノベーションシステムの構築と技術型中小企業の育成)
  • 「二段階キャッチアップ工業化」と中国の産業発展-結びにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアにおける二段階キャッチアップ工業化 : 中国電子産業の発展
著作者等 湯 進
書名ヨミ ヒガシアジア ニ オケル 2ダンカイ キャッチ アップ コウギョウカ : チュウゴク デンシ サンギョウ ノ ハッテン
出版元 専修大学出版局
刊行年月 2009.1
ページ数 225p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88125-212-3
NCID BA89087206
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21680775
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想