地球温暖化後の社会

瀧澤美奈子 著

極論すれば、地球が温暖化していようがいまいが「温暖化対策」は必要だ。脱・化石燃料が実現できなければ、人類に未来はない。科学的データに基づく20の論点から、温暖化との正しい付き方を説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 暑さでバタバタ人が死ぬ!?(なぜIPCCの報告書を読むのか
  • 世界を襲う大異変 ほか)
  • 第1章 地球温暖化とは何か(暑いと温暖化の影響だと騒がれるのに、寒くても話題にならないのはなぜ?
  • 地球はすでに温暖化している? ほか)
  • 第2章 温暖化は避けて通れない(温暖化対策は経済にどのような打撃を与えるのか?
  • 温暖化対策はエネルギーの安定需給につながる ほか)
  • 第3章 昔に戻れる道はない(社会はどのように変化するか
  • 快適エコ生活の方程式 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地球温暖化後の社会
著作者等 瀧澤 美奈子
書名ヨミ チキュウ オンダンカゴ ノ シャカイ
シリーズ名 文春新書 683
出版元 文藝春秋
刊行年月 2009.2
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660683-2
NCID BA89083759
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21556291
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想