贈与論

マルセル・モース 著 ; 吉田禎吾, 江川純一 訳

ポトラッチやクラなど伝統社会にみられる慣習、また古代ローマ、古代ヒンドゥー、ゲルマンの法や宗教にかつて存在した慣行を精緻に考察し、贈与が単なる経済原則を超えた別種の原理を内在させていることを示した、贈与交換の先駆的研究。贈与交換のシステムが、法、道徳、宗教、経済、身体的・生理学的現象、象徴表現の諸領域に還元不可能な「全体的社会的事象」であるという画期的な概念は、レヴィ=ストロース、バタイユ等のちの多くの思想家に計り知れない影響とインスピレーションを与えた。不朽の名著、待望の新訳決定版。人類社会のアルケーヘ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 贈与、とりわけ贈り物にお返しをする義務
  • 第1章 交換される贈与と返礼の義務(ポリネシア)(全体的給付、父方の財産と母方の財産(サモア)
  • 贈られた物の霊(マオリ)
  • その他の主題:贈る義務と受領する義務
  • 追記:人に対する贈り物と神に対する贈り物)
  • 第2章 贈与制度の発展-鷹揚さ、名誉、貨幣(気前よさの規則、アンダマン諸島(注記)
  • 贈与交換の原則、理由、強度(メラネシア)
  • アメリカ北西部)
  • 第3章 古代の法と経済におけるこうした原則の残存(人に関する法と物に関する法(最古のローマ法)
  • 古代ヒンドゥー法
  • ゲルマン法(抵当と贈与))
  • 第4章 結論(道徳上の結論
  • 経済社会学上および政治経済学上の結論
  • 一般社会学上および道徳社会学上の結論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 贈与論
著作者等 Mauss, Marcel
吉田 禎吾
江川 純一
モース マルセル
書名ヨミ ゾウヨロン
書名別名 Essai sur le don
シリーズ名 ちくま学芸文庫 モ11-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.2
ページ数 305p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09199-4
NCID BA89082450
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21562034
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想