Der Bezugspunkt des Vertretenmüssens beim Schadensersatz statt der Leistung

von Valentin Todorow

この本の情報

書名 Der Bezugspunkt des Vertretenmüssens beim Schadensersatz statt der Leistung
著作者等 Todorow, Valentin
シリーズ名 Schriften zum bürgerlichen Recht
出版元 Duncker & Humblot
刊行年月 c2009
ページ数 159 p.
大きさ 24 cm
ISBN 9783428127436
NCID BA89079092
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 ドイツ語
出版国 ドイツ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想