地価融解 : 不動産ファイナンスの光と影

太田康夫 著

不動産の金融商品化によってデフレから脱却した日本。しかし、それは地価の不安定化という重大な副作用をもたらした…。日経ベテラン記者が、不動産ファイナンスが日本経済をどう変えたのかを克明に描き、地価の未来を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 地価に何が起きているのか
  • 1 バブルの生成と崩壊
  • 2 不動産の再生
  • 3 不動産の復活
  • 4 激震サブプライム
  • 5 余波拡大
  • 6 地価の行方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地価融解 : 不動産ファイナンスの光と影
著作者等 太田 康夫
書名ヨミ チカ ユウカイ : フドウサン ファイナンス ノ ヒカリ ト カゲ
書名別名 Chika yukai
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2009.1
ページ数 302p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-532-35344-5
NCID BA89068777
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21534406
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想