戦時グラフ雑誌の宣伝戦 : 十五年戦争下の「日本」イメージ

井上祐子 著

総力戦体制下の日本で、グラフ雑誌はその記録性・報道性とプロパガンダの狭間で何を表現したのか。「FRONT」「NIPPON」「アサヒグラフ海外版」「太陽」「SAKURA」「ジャワ・バルー」などを素材に、聖戦や大東亜共栄圏構想を視覚化しようとした宣伝戦の実態を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「報道写真」とグラフ雑誌の黎明
  • 第2章 対外向けグラフ雑誌事始め-第一期:柳条湖事件の勃発‐一九三四年末
  • 第3章 "新たなる日本"の表象の模索-第二期:一九三五年‐日中全面戦争勃発
  • 第4章 日中全面戦争の「意味」の可視化-第三期:日中全面戦争勃発‐一九三九年半ば
  • 第5章 狭隘化する「報道写真」とグラフ雑誌-第四期:一九三九年半ば‐アジア・太平洋戦争開戦
  • 第6章 アジア・太平洋戦争と東南アジア向けグラフ雑誌-第五期:アジア・太平洋戦争開戦‐敗戦
  • 第7章 "東亜の盟主"のグラフィックス-第五期:アジア・太平洋戦争開戦‐敗戦
  • 終章 それぞれの再出発

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦時グラフ雑誌の宣伝戦 : 十五年戦争下の「日本」イメージ
著作者等 井上 祐子
書名ヨミ センジ グラフ ザッシ ノ センデンセン : 15ネン センソウカ ノ ニホン イメージ
シリーズ名 越境する近代 7
出版元 青弓社
刊行年月 2009.2
ページ数 326p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7872-2033-2
NCID BA89055607
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21548503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想