肝がん

沖田極, 幕内雅敏 編

[目次]

  • 肝臓のしくみ
  • 肝臓にはどのようながんができるのか(病理)
  • 肝がんの疫学
  • 肝がんはどのようにしてできるのか、その症状は?
  • 肝がんの検査
  • 肝がんと診断されたらどのような治療が推奨されるのか(アルゴリズム)
  • 肝がんの病期分類と治療方針
  • 肝がんの外科療法
  • 肝がんのラジオ波焼灼療法
  • 肝がんの肝動脈塞栓術
  • 肝がんの化学療法
  • 原発性肝がんの予後
  • 術後の日常生活の注意点とフォローアップ
  • 肝がん治療の方向性-今後の治療法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肝がん
著作者等 幕内 雅敏
沖田 極
書名ヨミ カンガン
書名別名 Kangan
シリーズ名 インフォームドコンセントのための図説シリーズ
出版元 医薬ジャーナル社
刊行年月 2009.1
ページ数 83p
大きさ 28cm
ISBN 978-4-7532-2350-3
NCID BA89050272
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21542280
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想