大川周明 : ある復古革新主義者の思想

大塚健洋 著

旧制荘内中学で社会主義に共鳴し、五高時代には黄金万能の資本主義社会打倒を訴えた扇動的学生・大川周明。帝大での宗教学研究から敬天・愛人・克己の思想を深め、さらに日本精神への回帰、アジア主義へと展開する思想的経路はいかなるものだったのか。また大東亜戦争の理論家として破局へと向かう道行とは?「始末に困る」至誠の人の思想と生涯。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本ファシズムと大川周明
  • 第1章 若き社会主義者
  • 第2章 人生の転機-日本とアジアへの目覚め
  • 第3章 アジア復興と国内改造
  • 第4章 破局への道
  • 第5章 東京裁判以後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大川周明 : ある復古革新主義者の思想
著作者等 大塚 健洋
書名ヨミ オオカワ シュウメイ : アル フッコ カクシン シュギシャ ノ シソウ
シリーズ名 講談社学術文庫 1936
出版元 講談社
刊行年月 2009.2
ページ数 245p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-291936-4
NCID BA89042398
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21553472
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想