銃に恋して : 武装するアメリカ市民

半沢隆実 著

奴隷解放の理想を実現し、最先端の科学技術を誇る米国だが、独立・開拓時代の銃に対する価値観から抜け出せずにいる。大統領ですら銃を規制することはできない。年間に約三万人もの死者をもたらす銃文化は、根強い権利推進派によって守られ、その価値観は9・11とは何の関係もないイラクを侵攻する愚行へもつながっていった。しかし、銃に対する熱狂を、「狂気」の一言で片付けることはできない。銃に取りつかれたアメリカ人のメンタリティーの深層と、なぜ彼らがそんなにも、「銃に恋して」いるのかを検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 史上最悪の乱射
  • 第2章 銃がつくった国家
  • 第3章 アメリカ銃社会の実情
  • 第4章 銃なくば死を
  • 第5章 銃は安全をもたらすのか
  • 第6章 政治と銃
  • 第7章 武器バザール

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 銃に恋して : 武装するアメリカ市民
著作者等 半沢 隆実
書名ヨミ ジュウ ニ コイシテ : ブソウスル アメリカ シミン
シリーズ名 集英社新書 0481B
出版元 集英社
刊行年月 2009.2
ページ数 201p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720481-0
NCID BA89037682
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21553644
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想