原爆の秘密  国外篇 (殺人兵器と狂気の錬金術)

鬼塚英昭 著

ついに狂気の殺人兵器がその魔性をあらわにする。その日ヒロシマには天皇保身の代償としての生贄が、ナガサキには代替投下の巷説をくつがえす復讐が、慟哭とともに知る、惨の昭和史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アインシュタイン書簡と「原爆カネ儲け協定」
  • 第2章 誰が何のために原爆をつくったのか
  • 第3章 モルガンとデュポンが支配した「マンハッタン計画」
  • 第4章 地獄の魔王が姿を見せたアラモゴード
  • 第5章 原爆投下のための周到工作
  • 第6章 「無条件降伏せよ」という奸計
  • 第7章 ポツダム宣言の演出者たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原爆の秘密
著作者等 鬼塚 英昭
書名ヨミ ゲンバク ノ ヒミツ
書名別名 殺人兵器と狂気の錬金術

Genbaku no himitsu
巻冊次 国外篇 (殺人兵器と狂気の錬金術)
出版元 成甲書房
刊行年月 2008.8
ページ数 301p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-88086-232-3
NCID BA88968579
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21560008
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想