境界からみた内と外

九州史学研究会 編

九州大学文学部国史学研究室(当時)で誕生した『九州史学』(1956年創刊)は、2006年に創刊50周年を迎え、2008年には150号を出すに至っている。本論文集は「境界」「境域」をキーワードに、上下2冊、全24編を収録する。下巻『境界からみた内と外』では、「境界」「境域」といった概念そのものを俎上に載せるべく論文集を編んだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総説:境界からみた内と外
  • 1 動態としての境界(八〜十一世紀日本の南方領域問題
  • 「加模西葛杜加国風説考」の歴史的意義
  • 天保期の水野忠邦政権と小笠原諸島)
  • 2 境界権力と海域交流(宗像大宮司と日宋貿易-筑前国宗像唐坊・小呂島・高田牧
  • 博多商人神屋寿禎の実像
  • 十六世紀末期対馬宗氏領国における柳川氏の台頭
  • 薩摩藩の初期天保改革と琉球)
  • 3 相克するアジア主義(近代日本における「アジア主義」の形成と"朝鮮問題"
  • 「東亜」の「解放」と「統一」-「東亜新秩序」と「大東亜共栄圏」の連続と断絶
  • 社会化されたアジア主義-一九三〇年代日本の社会運動とアジア言説)
  • 4 境界を認識する(日明勘合再考
  • 中世後期の坊津と東アジアの海域交流-『一乗院来由記』所載の海外交流記事を中心に
  • 幕末平戸藩の異国降伏祈願と平戸囃子)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 境界からみた内と外
著作者等 上原 兼善
中野 等
九州史学研究会
佐伯 弘次
坂上 康俊
岩崎 奈緒子
岩崎 義則
有馬 学
服部 英雄
橋本 雄
永島 広紀
福田 千鶴
荒木 和憲
藤田 明良
藤岡 健太郎
書名ヨミ キョウカイ カラ ミタ ウチ ト ソト
シリーズ名 『九州史学』創刊五〇周年記念論文集 下
出版元 岩田書院
刊行年月 2008.12
ページ数 452p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87294-534-8
NCID BA88924085
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21549684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想