境界のアイデンティティ

九州史学研究会 編

九州大学文学部国史学研究室(当時)で誕生した『九州史学』(1956年創刊)は、2006年に創刊50周年を迎え、2008年には150号を出すに至っている。本論文集は「境界」「境域」をキーワードに、上下2冊、全24編を収録する。上巻『境界のアイデンティティ』では、境界性・境域性を前提とした「アイデンティティ」の形成・展開をテーマとして、多面的なアプローチを可能にする論考を収録した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総説:境界のアイデンティティ
  • 1 国家権力と系譜編纂(氏族系譜からみた渡来人
  • 近世前期領主権力の系譜認識-寛永諸家系図伝の作成過程から)
  • 2 境界権力の系譜認識(中世奥羽における系譜認識の形成と在地社会
  • 中世西国諸氏の系譜認識
  • 島津氏の自己認識と氏姓
  • 琉球王権の系譜意識と源為朝渡来伝承)
  • 3 言説のなかのアイデンティティ(近世前期における「日本人」の「エトニ」
  • 「世界」と「神国」-西川如見の「天学」論をめぐって
  • 「日琉同祖論」という言説)
  • 4 境界性の止揚と近代国家(対馬藩の自己意識-「対州の私交」の検討を通じて
  • 旧民法と帰化法案-小嶋和司「明治前期国籍立法沿革史」をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 境界のアイデンティティ
著作者等 中野 等
九州史学研究会
伊藤 幸司
入間田 宣夫
吉田 昌彦
小宮 木代良
屋嘉比 収
山口 輝臣
有馬 学
松木 俊暁
田名 真之
高野 信治
石川 寛
水野 哲雄
書名ヨミ キョウカイ ノ アイデンティティ
シリーズ名 『九州史学』創刊五〇周年記念論文集 上
出版元 岩田書院
刊行年月 2008.12
ページ数 360p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87294-533-1
NCID BA88921746
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21549682
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想