紫式部日記の世界へ

小谷野純一 著

おのが心の奥底に「暗闇」をかかえる書き手、紫式部は研ぎ澄まされた鋭利な眼差しで周囲と自らを見つめ、自在に日記を紡いでいく。整然と長編物語を織りなした紫式部の、日記における柔軟すぎるほどの表現世界。単なる記録の営みから飛躍していく『紫式部日記』を鋭く読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 『紫式部日記』の構造上の問題について(首部は欠落しているか否か
  • 根幹資料としての「日記歌」と『明月記』
  • 最初の五首の歌 ほか)
  • 2 日記体部分の世界をめぐって(日記の記述の不整合
  • 五壇の御修法の一段
  • 渡殿の局での一段 ほか)
  • 3 書簡体部分の世界をめぐって(「語り手」と「読み手」の装置
  • 記述の方針の放棄
  • 斎院中将の君の書簡をめぐる記載 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紫式部日記の世界へ
著作者等 小谷野 純一
書名ヨミ ムラサキ シキブ ニッキ ノ セカイ エ
シリーズ名 紫式部日記 28
新典社新書 28
出版元 新典社
刊行年月 2009.1
ページ数 159p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7879-6128-0
NCID BA88908307
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21572663
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想