ふつうのむらが動くとき : 地域再生への道を探る

築山崇, 桂明宏 編著

地方分権、市町村合併など、地域経済活性化策が転機を迎え、自立を迫られている小さな"むら"や"まち"。暮らしを守る手だてを模索する集落を元気にするには-先進地事例に学びながら、リーダー育成、農村政策、地方財政、地方自治体の役割といった視点から、むらづくり・まちづくりの取り組みの第一歩を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 事例編(動き出したむら-鱒留調査
  • 個性ある先駆者たち-先進地事例)
  • 理論編(地域振興とリーダー育成総論
  • 農村政策と地域振興-人材とコミュニティーのあり方を視点にして
  • 地方環境税の可能性と制度設計をめぐる課題
  • 「三位一体改革」下での地方財政
  • 地域再生における地方公共団体の役割-地域自治組織と基礎自治体の施策
  • 「地域の暮らしを支える協同と福祉」を考える-大宮町「常吉村営百貨店」の事例から
  • みんなで創る地域と福祉-多様な視点から人間の幸福を考える)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ふつうのむらが動くとき : 地域再生への道を探る
著作者等 桂 明宏
築山 崇
書名ヨミ フツウ ノ ムラ ガ ウゴク トキ : チイキ サイセイ エノ ミチ オ サグル
出版元 クリエイツかもがわ : かもがわ出版
刊行年月 2009.2
ページ数 207p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86342-012-0
NCID BA88868370
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21550346
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想