「脳科学」の壁 : 脳機能イメージングで何が分かったのか

榊原洋一 著

脳科学の最難関「自己意識」の謎に多くのノーベル賞受賞者も挑戦してきたが…。音読や単純な計算ではなく、会話と散歩が脳を活性化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヒトは「脳」から離れられない(なぜ、という問い
  • 因果関係を知る乳児 ほか)
  • 第2章 脳科学氾濫の系譜(デカルト
  • ガルの骨相学 ほか)
  • 第3章 前頭葉ブーム(前頭葉ブームの火付け役
  • 音読、計算と前頭葉機能 ほか)
  • 第4章 脳科学の到達点と限界(脳機能イメージング法に内在する問題点
  • 血流が増えることの意味は? ほか)
  • 第5章 脳機能イメージングで何が分かるか(研究成果の誇大表示の背景
  • 臨床医学と脳機能イメージング ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「脳科学」の壁 : 脳機能イメージングで何が分かったのか
著作者等 榊原 洋一
書名ヨミ ノウ カガク ノ カベ : ノウ キノウ イメージング デ ナニ ガ ワカッタノカ
シリーズ名 講談社+α新書 28-4B
出版元 講談社
刊行年月 2009.1
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-272550-7
NCID BA8884612X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21536900
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想