国際宇宙ステーションとはなにか : 仕組みと宇宙飛行士の仕事

若田光一 著

国際宇宙ステーション(ISS)は、1998年から建設が進められている世界15ヵ国による国際協力プロジェクトだ。日本人で初めてこのISSに長期滞在する若田宇宙飛行士が豊富な写真・図に自らの体験を交えて、そのすべてを興味深く解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 宇宙ステーションは「ミニ地球」
  • 第2章 国際宇宙ステーションで何をする?
  • 第3章 長期滞在-「宇宙に暮らす時代」が始まる
  • 第4章 宇宙飛行士はどんな人たち?宇宙で何をする?
  • 第5章 宇宙飛行士に求められる能力-「運用のセンス」
  • 第6章 宇宙飛行士訓練の実際
  • 第7章 グループで力を発揮するために
  • 第8章 宇宙飛行士の地上業務
  • 第9章 宇宙開発を日常に活かす

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際宇宙ステーションとはなにか : 仕組みと宇宙飛行士の仕事
著作者等 若田 光一
書名ヨミ コクサイ ウチュウ ステーション トワ ナニカ : シクミ ト ウチュウ ヒコウシ ノ シゴト
シリーズ名 ブルーバックス B-1628
出版元 講談社
刊行年月 2009.2
ページ数 258p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257628-4
NCID BA88833128
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21547387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想