名作は隠れている

千石英世, 千葉一幹 編著

名作は隠れている。大作家の意外に知られていない「意外作」あるいは「問題作」を取り上げ、その作品の持つ意味を探る愉しみへと誘う、異色の文学ガイド。本書では、夏目漱石、宮沢賢治、坂口安吾、カフカ、メルヴィルなど二〇作品を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 宮沢賢治「やまなし」
  • カフカ「父の気がかり」
  • 坂口安吾『街はふるさと』
  • ドストエフスキー『分身』
  • エミール・ゾラ『ボヌール・デ・ダム百貨店』
  • 森鴎外「有楽門」
  • 夏目漱石『坑夫』
  • 江戸川乱歩「蜘蛛男」
  • ジュリアン・グラック『シルトの岸辺』
  • 岡本かの子「夏の夜の夢」
  • 野上弥生子「縁」
  • フローベール『ブヴァールとペキュシェ』
  • 川端康成『みずうみ』
  • メルヴィル「バートルビー」
  • 谷崎潤一郎「過酸化マンガン水の夢」
  • 室生犀星『蜜のあわれ』
  • 吉行淳之介「家屋について」
  • プラムディヤ『人間の大地』四部作
  • 日野啓三「七千万年の夜警」
  • 三島由紀夫『命売ります』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 名作は隠れている
著作者等 平井 杏子
三ツ堀 広一郎
中村 邦生
伊藤 氏貴
千石 英世
千葉 一幹
千葉 俊二
室井 光広
宮下 志朗
山城 むつみ
山崎 敦
押川 典昭
橋本 安央
美留町 義雄
芳川 泰久
藤井 淑禎
高原 英理
高頭 麻子
書名ヨミ メイサク ワ カクレテイル
シリーズ名 ミネルヴァ評論叢書〈文学の在り処〉 別巻 3
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2009.1
ページ数 223p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-05245-5
NCID BA88828183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21534423
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想