凍った地球 : スノーボールアースと生命進化の物語

田近英一 著

かつて全地球は、数百万年にわたり凍りついていた可能性が強い。赤道付近にも、南極のような氷床があった証拠が見つかっている。生物はどう生き延びたのか?零下50度以下の厳寒はいかにして温められたのか?大気の変化、温暖化プロセス、プレートテクトニクス、太陽の影響、生物進化。さまざまなファクターから、ガリレオ以来の衝撃的仮説が証明されていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 寒暖を繰り返す地球
  • 第2章 地球の気候はこう決まる
  • 第3章 仮説
  • 第4章 論争
  • 第5章 二二億年前にも凍結した
  • 第6章 地球環境と生物
  • 第7章 地球以外に生命はいるのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 凍った地球 : スノーボールアースと生命進化の物語
著作者等 田近 英一
書名ヨミ コオッタ チキュウ : スノーボール アース ト セイメイ シンカ ノ モノガタリ
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2009.1
ページ数 195p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603625-5
NCID BA88817223
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21542070
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想