子ども学序説 : 変わる子ども,変わらぬ子ども

浜田寿美男 著

各地の大学に「子ども学」という学科・コースができはじめているように、現在「子ども」という問題領域は、大変な広さと深さをもっている。長年にわたり「生きた発達心理学」を追究してきた著者の子ども論を、凝縮してつたえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 子どもという自然(「わたし」の生まれるところ
  • 子どもの能力と無力
  • 「神のうち」から「人の世」へ)
  • 2 学校という文化(学校のまなざしとその錯覚
  • 「学べない」子どもたち-学びの危機
  • いじめという回路
  • 学校は子どもたちの生活の場になりうるか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子ども学序説 : 変わる子ども,変わらぬ子ども
著作者等 浜田 寿美男
書名ヨミ コドモガク ジョセツ : カワル コドモ カワラヌ コドモ
書名別名 Kodomogaku josetsu
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.1
ページ数 203p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-022886-2
NCID BA88808641
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21549116
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想