動物と向きあって生きる : 旭山動物園獣医・坂東元

坂東元 著

ありのままの「いのち」の大切さを伝えたい。動物本来の姿をみんなに見てもらいたい。「野生動物は、家畜やペットとは違う生き物だ」という旭山動物園のゆずれない心をみんなに伝えたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 虫の時代、鳥の時代(虫の時代
  • 鳥の時代
  • 獣医になろう
  • 家畜の"いのちを断つ"ということ)
  • 第2章 野生動物との出会い(野生動物はペットじゃない
  • 動物園とは何か?
  • 獣医としてつきあった動物たち)
  • 第3章 行動展示はじまる(エキノコックス症の衝撃
  • 「もうじゅう館」ヒョウの気持ちになってつくった
  • 「ぺんぎん館」水の中を飛ぶ鳥
  • 「あざらし館」アザラシだってすごいんだ
  • 「チンパンジーの森」ぼくのひとつの集大成
  • 動物園でぼくが伝えたいこと)
  • 第4章 野生動物とどうつきあっていくのか(レッサーパンダ風太くん事件
  • 「くもざる・かぴばら館」事件
  • 動物を愛している?
  • 野生動物の保護)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物と向きあって生きる : 旭山動物園獣医・坂東元
著作者等 坂東 元
書名ヨミ ドウブツ ト ムキアッテ イキル : アサヒヤマ ドウブツエン ジュウイ バンドウ ゲン
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2008.11
ページ数 277p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-408802-6
NCID BA88801981
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21529584
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想