ある女性科学者の一世紀

岡本歌子 著

[目次]

  • 第1章 歩いてきたみち(生いたちの記-私の三分の一生記
  • 太平洋戦争、戦時下の東京を生きて
  • 共かせぎの手記
  • すずめの学校
  • 吉岡弥生賞受賞によせて)
  • 第2章 教育の場で(BedsideとSeaside
  • 研究者の情報収集-プラスミン研究から
  • 林先生と私-思い出すまま
  • 後世に残る大学)
  • 第3章 研究の場で(岡本歌子の研究と私の評価(岡本彰祐)
  • 小脳の研究
  • 筋収縮の化学
  • プラスミンと抗プラスミンの研究
  • 非プラスミン性線溶の研究
  • 岡本彰祐との約束)
  • 第4章 性の科学と人間性(造膣手術-医療は誰のために
  • 我が家の性教育-知能の発達に応じて
  • 脳生理学からみた人間の性および性教育の原理)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ある女性科学者の一世紀
著作者等 岡本 歌子
書名ヨミ アル ジョセイ カガクシャ ノ 1セイキ
出版元 ドメス
刊行年月 2008.12
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8107-0712-0
NCID BA8880161X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21533109
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想