新編日本のフェミニズム  8 (ジェンダーと教育)

天野正子 [ほか]編

さまざまな場で起動する「男子基準」、性別(間の/内に)ステレオタイプな分化を促すシステム、知に潜むジェンダー・バイアス、機会と選択の壁-教育と研究の場はいかに変わりうるか。性や家族を問い直す知への逆風や、制度化と格差のジレンマに地道に向き合う実践と省察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 教育の現場から
  • 2 学校空間-平等とセクシズムの攻防
  • 3 何がいかに女性内分化/格差を生むか
  • 4 新たな知の構築にむけて
  • 5 相互学習のラディカル性
  • 6 女性研究者の二一世紀
  • 7 女性学-源流から未来へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新編日本のフェミニズム
著作者等 天野 正子
斉藤 美奈子
書名ヨミ シンペン ニホン ノ フェミニズム
書名別名 ジェンダーと教育

Shinpen nihon no feminizumu
巻冊次 8 (ジェンダーと教育)
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.1
版表示 増補新版
ページ数 320p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-028143-0
NCID BA88769867
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21551871
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
システム内在的差別と女性教員 河上婦志子
シングル化時代の先駆け 天野 正子
ジェンダーで拓く教育の地平 天野 正子
スカートをはいてみた私 中村英一朗
バックラッシュの中の家庭科教育 堀内かおる
レモンの砂糖づけと女子マネージャーの歴史 高井昌吏
中絶していなければ、この四月、小学一年生の母親になれたんですよ 吉田和子
何がいかに女性内分化/格差を生むか ジェンダーと学校文化 木村涼子
国立市公民館市民大学セミナー主婦とおんな 西川祐子
女子大学生における職業選択のメカニズム 吉原惠子
女性学-源流から未来へ 女性の、女性による、女性のための学問 井上輝子
女性学の制度化をめぐって 上野千鶴子
女性学は学生を変えるか 松井真知子
女性学教育の問題点 内海崎貴子
女性研究者のキャリア形成 より 原ひろ子, 浅倉むつ子
女性研究者の二一世紀 研究生活をふりかえって 猿橋勝子
学校空間-平等とセクシズムの攻防 性役割の学習としつけ行為 森繁男
家族格差と子育て支援 天童睦子
性教育バッシングを検証する 田代美江子
改めて女性学的組織"運営"のあり方を問う 松本澄子
教育の現場から 「男が先」を否定することでみえてくるもの 川合真由美
新たな知の構築にむけて 体力テストとジェンダー 飯田貴子
男子校高校生の性差意識 江原由美子
相互学習のラディカル性 女の子が群れるということ 古久保さくら
科学技術とジェンダー 村松泰子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想