西洋博物学者列伝 : アリストテレスからダーウィンまで

ロバート・ハクスリー 編著 ; 植松靖夫 訳

身体全体で自然を感じ、手づかみで"知"を蓄えていった偉大な博物学者たちの営みを、流麗な文章と、息を呑むほどに美しい博物画とともに紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 多様性の中の統一性
  • 第1部 古代の博物学者(アリストテレス-最初の哲学者・博物学者
  • テオフラストス-植物学の祖 ほか)
  • 第2部 ルネサンス(レオンハルト・フックス-図解の重要性
  • ウリッセ・アルドロヴァンティ-実物を直接観察 ほか)
  • 第3部 啓蒙主義の時代(ニコラウス・ステノ-地球の地質の過去を解明する
  • ジョン・レイ-イングランドのアリストテレス ほか)
  • 第4部 19世紀(ウィリアム・スミス-イギリス地質学の父
  • アレクサンダー・フォン・フルボルト-自然界統一の構想 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西洋博物学者列伝 : アリストテレスからダーウィンまで
著作者等 Huxley, Robert
植松 靖夫
ハクスリー ロバート
書名ヨミ セイヨウ ハクブツガクシャ レツデン : アリストテレス カラ ダーウィン マデ
書名別名 The great naturalists

Seiyo hakubutsugakusha retsuden
出版元 悠書館
刊行年月 2009.1
ページ数 303p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-903487-26-7
NCID BA88769244
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21531603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想