もしも老子に出会ったら

山田史生 著

貧困、争い、欲望、家庭崩壊、自分探し…彼ならどう答えてくれる!?「意志の弱さをつらぬく強い意志をもつ」「無限小の力でやりつづける」…太古の思想家の言葉が現代に甦る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 少女はなぜ老子と語り合うことになったのか
  • プロローグ 老人との出会い
  • 「無」の章
  • 「水」の章
  • 「道」の章
  • エピローグ 少女とのわかれ
  • おわりに わたしはなぜこの本を書くことになったのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もしも老子に出会ったら
著作者等 山田 史生
書名ヨミ モシモ ロウシ ニ デアッタラ
書名別名 Moshimo roshi ni deattara
シリーズ名 老子 (経典) 387
光文社新書 387
出版元 光文社
刊行年月 2009.1
ページ数 252p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03490-0
NCID BA88754881
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21532667
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想