化粧と人間

石田かおり 著

[目次]

  • 第1章 化粧は日本の社会でどんな意味を担ってきたか(日本社会での化粧の意味
  • 日本の伝統における子供の化粧)
  • 第2章 化粧に見られる美的価値基準の現在(児童・生徒の化粧と美意識
  • 現在の化粧の美的価値基準とその来歴)
  • 第3章 美的価値基準はどうあるべきか(近現代型の美的価値基準「ファストビューティー」
  • 「加齢が問題であること」の問題性
  • 次世代の美的価値基準「スロービューティー」
  • 「スロービューティー」は男性にとっても緊急課題
  • いまこそ児童・生徒に対する化粧教育の好機)
  • 第4章 問題解決策としての化粧教育(化粧教育の内容
  • 化粧教育の効果
  • 社会全体に向けた化粧教育)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 化粧と人間
著作者等 石田 かおり
書名ヨミ ケショウ ト ニンゲン : キカクカサレタ シンタイ カラノ ダッシュツ
書名別名 規格化された身体からの脱出

Kesho to ningen
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2009.1
ページ数 214p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-68210-0
NCID BA88743444
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21603647
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想