全集日本の歴史  第14巻

[平川南, 五味文彦, 倉地克直, ロナルド・トビ, 大門正克] [編]

日清・日露戦争で序列化された人びとの「いのち」。帝国主義の発展と重みを失う一人ひとりの生命。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 「いのち」の序列化
  • 第1章 「いのち」と戦争(向田邦子の祖父の体験
  • 日清戦争-文明国への「入学試験」 ほか)
  • 第2章 「いのち」とデモクラシー(川岸きよの米騒動
  • 足尾銅山鉱毒事件-もうひとつの「近代」 ほか)
  • 第3章 「いのち」とアジア(霧社に立つ
  • 韓国併合-植民地帝国へ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 全集日本の歴史
著作者等 五味 文彦
倉地 克直
小松 裕
平川 南
書名ヨミ ゼンシュウ ニホン ノ レキシ
書名別名 日本の歴史

「いのち」と帝国日本 : 明治時代中期から一九二〇年代
巻冊次 第14巻
出版元 小学館
刊行年月 2009.1
ページ数 366p
大きさ 22cm
付随資料 7p.
ISBN 978-4-09-622114-3
NCID BA88729895
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21544671
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想