エリアーデ自身を語る迷宮の試煉

ミルチャ・エリアーデ 著 ; クロード=アンリ・ロケ 聞き手 ; 住谷春也 訳

20世紀の宗教学と文学において偉大な足跡を残した稀代の碩学、ミルチャ・エリアーデ。みずからの精神的遍歴を赤裸に語った名著、待望の翻訳なる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 起源の意味
  • 第2章 肝心なインド
  • 第3章 ヨーロッパ
  • 第4章 パリ、一九四五年
  • 第5章 シカゴ
  • 第6章 歴史と解釈学
  • 第7章 歴史家の仕事
  • 第8章 想像世界の諸相
  • 第9章 神話とエクリチュール
  • 第10章 迷宮の意味

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エリアーデ自身を語る迷宮の試煉
著作者等 Eliade, Mircea
Rocquet, Claude Henri
住谷 春也
Rocquet Claude‐Henri
ロケ クロード=アンリ
エリアーデ ミルチャ
書名ヨミ エリアーデ ジシン オ カタル メイキュウ ノ シレン
書名別名 L'epreuve du labyrinthe

Eriade jishin o kataru meikyu no shiren
出版元 作品社
刊行年月 2009.1
ページ数 293p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86182-209-4
NCID BA88725136
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21533106
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想