弥生時代の考古学  2

設楽 博己;藤尾 慎一郎;松木 武彦【編】

最新の編年観に基づく斬新な弥生時代像を提示。今後の弥生時代研究の指標となる気鋭の諸論考を、全9巻シリーズに収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 縄文から弥生へ・弥生前史
  • 1 弥生文化成立期の自然環境(弥生成立期の地理的景観-佐賀県唐津平野にみる初期農耕集落の出現と拡大
  • 弥生成立期の植生と人工改変 ほか)
  • 2 文明との接触(紀元前10世紀前後の遼東・遼西
  • 松菊里文化成立期の嶺南社会と弥生文化)
  • 3 各地における弥生文化の成立と拡散(縄文後・晩期土器と板付1式土器
  • 板付1式を創ろうとした村、創れた村、創れなかった村 ほか)
  • 4 弥生土器成立の諸相(櫛目文土器との関係
  • 先松菊里式・松菊里式土器と夜臼式・板付式土器 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 弥生時代の考古学
著作者等 安 在晧
松木 武彦
藤尾 慎一郎
設楽 博己
書名ヨミ ヤヨイ ジダイ ノ コウコガク
書名別名 弥生文化誕生

Yayoi jidai no kokogaku
巻冊次 2
出版元 同成社
刊行年月 2009.1
ページ数 226p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-88621-475-1
NCID BA88711696
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21545508
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想