小林・益川理論の証明 : 陰の主役Bファクトリーの腕力 : ノーベル賞

立花隆 著

小林・益川理論はなぜノーベル賞を受けることができたのか。それが正しいと証明されたからである。証明されない理論は、そういっては何だが、ほとんど紙くずに等しい。その意味で本当にノーベル賞をとったのは、2人の理論家プラス2人の理論を証明した実験物理学者たちである。その実験物理学者たちはどこにいるのか。ノーベル賞委員会のプレスリリースにその名前がはっきり記されている。日本の高エネルギー加速器研究機構(KEK)の「ベル」チームと、アメリカ・スタンフォード大学の「ババール」チームである。両チームは、1999年の実験開始から、世界の物理学史上最も激烈といわれる抜きつ抜かれつの競争を繰り広げた。そして2001年、両者はほぼ同時に小林・益川理論の正しさを証明した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 小林・益川理論のノーベル賞受賞から何を学ぶべきか
  • 2 消えた反粒子の謎に迫る(「ノーベル賞にいちばん近い」理論の検証
  • 「極限技術が生んだ現代最大最高のマシン」
  • 世界有数の加速器の担い手たち
  • ゴミの山から針一本の「宝」を見つけだす
  • 我々の存在の根源を探究する
  • 確度を求めて、もっともっとデータを
  • 激烈な競争の中で進む研究
  • 日本の科学ジャーナリズムはどうなるのか
  • 基礎科学こそが、実用技術の極限を担う)
  • 3 小林・益川理論を証明せよ!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小林・益川理論の証明 : 陰の主役Bファクトリーの腕力 : ノーベル賞
著作者等 立花 隆
書名ヨミ コバヤシ マスカワ リロン ノ ショウメイ : カゲ ノ シュヤク B ファクトリー ノ ワンリョク : ノーベルショウ
書名別名 Kobayashi masukawa riron no shomei
出版元 朝日新聞
刊行年月 2009.1
ページ数 34, 128, 25p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-02-250523-1
NCID BA88704566
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21544666
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想