エトルリア人 : ローマの先住民族 : 起源・文明・言語

ドミニク・ブリケル 著 ; 斎藤かぐみ 訳 ; 平田隆一 監修

紀元前九世紀以降、イタリア中央部で繁栄し、ローマ帝政期に衰退した先住民族-エトルリア人については、いまだ謎が多い。本書は、近年着実に発展をとげたエトルリア学の研究成果と現況を解説する。重要な関連事項や、エトルリア語解明に関する、監修者による「解説」も収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 一大勢力の台頭(古典時代のローマ人にとってのエトルリア-偉大なる過去の記憶
  • エトルリアの強み-農業の繁栄 ほか)
  • 第2章 黄金期のエトルリアの諸都市(一二の都市から成るエトルリア
  • 単に物質的だけではない現実 ほか)
  • 第3章 文明の黄昏、衰亡と存続(エトルリア世界の辺境地帯
  • ローマの征服 ほか)
  • 第4章 エトルリア人の再発見-学問と謎のはざまのエトルリア語(エトルリア人への関心の誕生
  • エトルリア語の謎 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エトルリア人 : ローマの先住民族 : 起源・文明・言語
著作者等 Briquel, Dominique
平田 隆一
斎藤 かぐみ
Briguel Dominique
ブリケル ドミニク
書名ヨミ エトルリアジン : ローマ ノ センジュウ ミンゾク : キゲン ブンメイ ゲンゴ
書名別名 Les Etrusques

Etoruriajin
シリーズ名 文庫クセジュ 932
出版元 白水社
刊行年月 2009.2
ページ数 157, 5p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-560-50932-6
NCID BA88693550
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21564640
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想