中世瀬戸内海の仏教史 : 村上水軍の本拠地芸予諸島を主として

堤勝義 著

[目次]

  • 中世瀬戸内海の要津尾道の仏教諸宗派について
  • 村上水軍と真言宗・曹洞宗
  • 石山本願寺戦争と村上水軍-中世の芸予諸島の浄土真宗
  • 中世芸予諸島への仏通寺派の進出
  • 中世の時代の瀬戸内と山間の禅宗-仏通寺派の笠木山高松寺と関係ある寺院と雪舟の死没寺院についても考える
  • 中世瀬戸田の仏教
  • 中世岩城島の仏教
  • 中世芸予諸島の建造物・石塔-国宝・国の重要文化財

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世瀬戸内海の仏教史 : 村上水軍の本拠地芸予諸島を主として
著作者等 堤 勝義
書名ヨミ チュウセイ セトナイカイ ノ ブッキョウシ : ムラカミ スイグン ノ ホンキョチ ゲイヨ ショトウ オ シュトシテ
出版元 溪水社
刊行年月 2008.11
ページ数 185p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86327-039-8
NCID BA88687955
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21509141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想