ジャーナリズムの可能性

原寿雄 著

権力との癒着、過熱する事件報道、強まる自己検閲…。マスコミへの不信・批判が叫ばれて久しい。しかし有効な解決策を見出せぬまま法規制の動きも強まっている。いま原点に戻って、ジャーナリズム本来の力、役割を問い直す必要があるのではないか。長年の現場体験を踏まえ、放送、新聞の現状を検証し、再生の道を構想する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 問われるジャーナリズムの権力観
  • 第1章 権力監視はどこまで可能か
  • 第2章 強まる法規制と表現の自由
  • 第3章 ジャーナリズムの自律と自主規制
  • 第4章 放送ジャーナリズムを支えるもの
  • 第5章 世論とジャーナリズムの主体性
  • 第6章 ジャーナリズムは戦争を防げるか
  • 第7章 ジャーナリズム倫理をいかに確立するか
  • 終章 ジャーナリズム再生をめざして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジャーナリズムの可能性
著作者等 原 寿雄
書名ヨミ ジャーナリズム ノ カノウセイ
シリーズ名 岩波新書 新赤版1170
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.1
ページ数 212p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431170-6
NCID BA88640113
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21550136
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想