ポスト戦後社会

吉見俊哉 著

バブルとその後の長期不況、深まる政治不信、そして高まる社会不安。列島が酔いしれた高度成長の夢のあと、何が待ち受けていたのか。崩れゆく冷戦構造のなかで、この国は次第に周回遅れのランナーとなっていったのではないか。六〇年代半ばから現在まで、政治・経済・社会・家族…すべてが変容し崩壊していく過程をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 左翼の終わり
  • 第2章 豊かさの幻影のなかへ
  • 第3章 家族は溶解したか
  • 第4章 地域開発が遺したもの
  • 第5章 「失われた一〇年」のなかで
  • 第6章 アジアからのポスト戦後史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポスト戦後社会
著作者等 吉見 俊哉
書名ヨミ ポスト センゴ シャカイ
書名別名 Posuto sengo shakai
シリーズ名 シリーズ日本近現代史 9
岩波新書 9
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.1
ページ数 240, 14p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431050-1
NCID BA8863747X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21550129
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想