日本人の〈原罪〉

北山修, 橋本雅之 著

イザナキ・イザナミの神話に示された「罪」と「恥」を読む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 愛する者を「害する」こと-父神イザナキの罪悪感(神話と昔話の深層心理学
  • エディプス・コンプレックスとは何か
  • フロイトの「弟殺し」
  • 革新的なクライン理論
  • 「見るなの禁止」の文化
  • 見る側を見る
  • 「ここだけの罪」
  • 悲劇の同定
  • 逃げないイザナキ
  • 「見るなの禁止」が解禁されるとき
  • 神話を生き直すこと)
  • 第2章 『古事記』神話への道案内(古事記上巻の世界
  • 日本神話のなかの「見るなの禁止」
  • タブーを破った"罪"の行方)
  • 第3章 『古事記』を読み解く-現代語訳「古事記抄」(イザナキ・イザナミ神話と「見るなの禁止」
  • アマテラスとスサノヲ
  • 成長するオオクニヌシの国造り
  • 天孫降臨と海幸彦・山幸彦神話)
  • 第4章 対談 今日を生きるための神話論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人の〈原罪〉
著作者等 北山 修
橋本 雅之
書名ヨミ ニホンジン ノ ゲンザイ
シリーズ名 古事記 1975
講談社現代新書 1975
出版元 講談社
刊行年月 2009.1
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-287975-0
NCID BA88617472
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21535285
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想